メニュー1 飲食店のメニューとは?

飲食店のメニューとは?

開業を考える皆さんはオープン時のメニューを当然考えます。

そして開業しても、考え、悩むのはメニューです。

 

ではメニューって何でしょう?

 

よく、開業希望の方から

「やはり飲食店開業には調理経験は必要ですか?」

という問合せを頂きます。

岩井の回答は、「なくても大丈夫」です。

 

これは、メニューを整理して考えると、明確になってきます。

飲食店が提供するのは、飲み物や食べ物です。

飲食店で提供する食べ物のことを

 

「メニュー」といいます。

 

おうちで食べるごはんは

「メニュー」と言わないですよね?

調理師が勉強するものは

「料理」と言いますよね?

そうです。

「料理」と「メニュー」は別と考えて大丈夫です。

「料理」とは?

日本中、世界中の食材があり、

調味料があり、調理方法があるもの。

さらに、各家庭でもオリジナルがある、

奥深く、幅広いもの。

「メニュー」とは?

そのお店の、売上につながる課金商品。

 

もちろん調理技術は必要だが、

売上を構成するための商品を作れるだけの

調理技術があれば良いもの。

この違いを理解していない方々がたくさん居て、

複雑な調理行程を組み込むメニュー構成だったり、

そもそも満席時に対応できない構成だったりします。

 

飲食店のメニューは

「想定売上を作る為の課金ツールである」

 

 

という認識を持つ必要があります。

これは開業後も常に、常にです。

ご注意ください。

カテゴリー: 飲食店プロデューサー 岩井伸夫の「開業準備室」   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>