店舗内装part1・・・内装を考えての外装

飲食店を造る時に考える事で「外装」と「内装」があります。

外装のことを「ファサード」と言います。

大多数の方が内装は一生懸命考えますが、外装は「看板」と考えている方が多いです。

もちろん、内装は大事ですが、お客さんは外から入ってきますから、

 

先ずは、ファサードが目につきます。

どちらが大事か?ではなく、ファサードからイメージして来店されてお客様に対して

期待通りの内装であることが大事と考えます。つまりバランスです。

どちらかだけ豪華になっているお店をたまに見かけますが、お客さんは戸惑いますね。

ファサード→ 内装→ メニュー→ 接客 までの

 

バランスが取れているお店が繁盛店に圧倒的に多いです。

 

 

『狙ったはずし方』以外はバランスを大事にしてください。

 

 

 

また、ファサードの役目として

「目立つ」「興味を引く」「何が食べられるかがわかる」というのがあります。

ロードサイドの店舗などでは、ファサードが目立っただけで

20%も売り上げが上がった という事例があります。

ロードサイドでは車での来店が主体ですから、スピードがあるものから

視認性を考える必要性があります。

これは、「大きい文字」「わかりやすいキャッチ」などがテーマになることでしょう。

では、街中ではどうか?

当然ビル内などの空中店舗のファサードは、入口前に集中して造る必要があります。

何よりも、新規客を誘導するためには

「いくらぐらい」で「何が食べれるか」の表現が必要です。

 

 

逆に、これを隠すことによって、「看板戦争」になっていることも多々あり、

自店舗の売りを明確に打ち出せないと、埋もれてしまうこともあります。

 

目立つ の考え方は、「派手」だけではなく、

「雰囲気」が造れればよく見えます。

 

 

上記から、ファサードに関しては、

「どうやって新規のお客様に入店してもらうか」

 

に集中するのが大事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 飲食店プロデューサー 岩井伸夫の「開業準備室」   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>